洋服は立ててタンスに収納するとすっきりします

洋服をタンスに収納しているという人も多いかと思いますが、何をどのように収納していますか?まず、タンスに収納するものは、ハンガーにかけておくと、伸びてしまうものや、たたんでもシワが気にならないものなどです。

たとえば、Tシャツやニットなどは、たたんで収納しておくのがいいでしょう。



また、ジーンズやパンツなどもたたんで、しまうとすっきりします。
さて、洋服をたたむときのポイントですが、TシャツならTシャツ、ニットならニット、パンツならパンツと、アイテム同士を同じ大きさにたたみ、タンスに立てて収納することです。



同じ大きさにたたむときに、タンスの引き出しの高さにあわせると無駄なくスペースを使えます。Tシャツやニットのたたみ方は、左右を中央に向かって折ってから、下から3つ折りくらいに折ります。
パンツは、最初に半分に折り、裾から3つ折り、もしくは4つ折りにします。




そして、立てて収納することにより、洋服が見つけやすく、タンスの中がすっきりとまとまります。



また、タンスに余裕がある場合は、ハンガーにかけて収納しがちなシャツなどもタンスに収納してもいいでしょう。

シャツもきれいにたたんで立てて収納すれば、シワも気になりません。

きれいに洋服が収納されたタンスは、見た目もキレイで、着たい洋服をすぐに探すことができます。



毎回きちんとたたんで収納すれば、タンスの中はいつでもキレイな状態を保つことができますので、ぜひ、実践してみてくださいね。